HUG Hearts

GW

2007/04/29 10:32

久々に夫が大型連休をそのまんま休み
こんな事ってここ数年記憶にない。
昔は、GWの大型連休を利用して、熊本の実家へ里帰りしたり、遠出したり、すんごいエンジョイしてた記憶がある。

さて、何するの? 予定は? なーんも無し。
私は、してやったりでお願いしたいことがてんこ盛り。
工事の人も来ないから、リビングのカーテンを外して洗いたい。
それ位自分でやりなさい!って思われるかもしれないけど、
チョット特殊なロールカーテンを土台からオーダーして作ったために一人では、無理なの。
久々に洗いたい! 

押し入れや、ラックに積み重ねられた夫の品物の数々。
要るのか、要らないのか私には検討がつかないのに、、、勝手に捨てると怒られるし。
この休みを使って、徹底的に、彼の品物を整理しようと思ってる。
きっと山ほど出てくるんだよね。

今、ちょうど衣替えの時期。
夫の服で何年も着てない服。。。昨夜、「これは要る? 要らない?」
一つ一つ訪ねて廃棄物整理。
下着や、ソックスもね。
履かなくなってるもの、すり切れてきている物。
整理、整理。 タンスがスッキリした。

昔、よく釣りに出かけていて、私は横で寝っ転がってるのが好きだった。
で、買ったのが大きな大きなビーチパラソル。
丸く大きな土台(ポールを立てるようになっている)と、パラソル。
買って以降、海に行くことが無くて、残念ながら一度も使ってない
今朝もその話になり、「あれは、お前が欲しいって買ったんだ。」
従兄弟の子供たちが使ったりしないかな?
前に記事にしたステッパーも、、、廃棄。

GW後には、すっきりするかな?
我が家のガラクタの数々。

スタート

2007/04/28 22:48

今日から近所に新しくできたフィットネスクラブ「TIPNESS」へ。
既に21日からプレオープンしていて、説明会や体力測定。
私は、病院で慌ただしく、気持ちも落ち着かず、やっと今日から。
すでにGWに入っているため、大混雑。
説明会を受け終わった直後に、同じスタジオでヨガが始まると言うことで受けてみた。
結構難なくこなせたけれども、とにかく大混雑
お仕事してる人なんかは特に、今日からって人も多かったんだと思う。
その後には、ピラティスもあったけれども、なーんか気持ちが落ち着かない。
無理して混雑の今でも無くてもいいかなーと、3Fのプールエリアを見学して早々に引き上げてきた。
ロッカーで着替えをしていると、同じ位の年令の女性に声を掛けられた。
彼女は今日で3度目だとか。
それも電車で通ってるらしい。
彼女は、特にお風呂が気に入ってるらしく「いいわよ~。」
私がさして汗もかかなかったから、このまま帰るって話したら「そのまま、お風呂へ行ってらっしゃいよ。」と、よほどお気に入りらしい。
次回は、きっとプール行くからお風呂も体験しましょう。
大阪時代に通っていたときは、若かったしな~、なんなくエアロビクスもこなせていたけど、何せ年を重ね、喘息も身につけちゃったし、出来るのか???
興味があるのは、ヨガとピラティス、太極拳、アクアビクス。
体力測定ではかなり筋力の低下が見られたので、これも鍛えたい。

でもでも、私にとって一番の難関駐車場
あの柱が。。。怖がらずに入れれるのだろうか?
とっても自信がない。
なににせよ、楽しみが増えたし、がんばんべ<

今評判の

2007/04/27 01:59

img20070427.jpg宮崎地鶏。
熊本空港に売っていたので、興味本位で買ってきた。
「炭火手焼き」と書いてあります。
レンジで1分チンすると、炭火のためでしょう黒っぽい少し汁気がお皿に貯まります(写真はチン前)。
お昼にサラダと一緒に食べました。
食感は結構コリコリした感じね。
だから、噛む度にほっぺたが
味は、、、食って人それぞれ好みだからね~。
売れていて人気らしいけど、私はリピはしないと思う。。。

シアログラフィー

2007/04/27 01:46

火曜日、女子医で検査。 頂いた説明書より(前回はくれなかったぞ)。

唾液腺造影(シアログラフィー)

目的。
1.唾液腺の炎症は腫瘍、唾石(だせき)の精査のために行う。
2.シェーグレン症候群の診断のために行う。
私の場合は2.

方法。
img20070427.jpg
口の中にある唾液腺の開口部に、細い金属の棒(ブジー)を5mm程挿入します。ブジーは細い物から太い物へ数本を入れ替えていき、開口部を広げます。広がるまでの時間は通常は20分ほどですが、開口部が狭い方ではもう少しかかります。
前処置がおわりましたらX線検査室までご案内します。
唾液腺の開口部から造影剤を注入して撮影します。造影剤を収入するときに唾液腺(耳下部あるいは顎下部)の腫れた感じがします。軽い痛みを感じることがあります。


前回は、舌下線の検査で、今回は耳下腺。

大学病院の諦めなくてはいけない事! 先生達は経験を積んで成長していく。 経験を積むための患者も必要だって事

なんと、前回見習いでついていた女医さんが今回処置をされる。
前回の先生もかなり大変で、汗びっしょりで頑張っては下さったんだけど、途中先輩先生のヘルプを頼んだりもして、説明書に20分と書いてあるけど、あの時は約1時間。

今回、アッ!あの時の見習いだった女医さんだと気付いたけれど、諦めの境地。
上手でありますようにの祈るのみ。
しかーし、やはり1時間掛かってしまった。
なかなか上手く行かなくて、やはり先輩ドクターのヘルプが2-3度。
2人で私の口の中をのぞき込みながら

「照明をちゃんと当てなきゃいけないのよ。」「針を持つ手の角度が違う。」等と、それって基本中の基本じゃないのでしょうか

でも、経験薄いと躊躇しそうだけど、どういう訳か、彼女は勢いだけはあるのです。
だから、思わず勢いで刺しちゃったりするから、奥まで行き過ぎたり、角度が違うのに突っ込んだり。
でも、とーっても愛想がよくて、憎めない人なんだよね~。

注射器で造影剤を注入するとき、「抵抗があります」と言いつつ、ギュッと一気にきたから、その瞬間、
例えば、細いゴム管があったとする。
そこへあめ玉でも通そうとしてなかなか入らないから何かで後ろからグッと押し込むと、一気に入って、細いゴム管がポコッと丸くあめ玉のところだけ膨らんでる。
体感としてはそんな感じ。
結局、前処理に1時間、X線の時に造影剤を2度も注入し、都合1時間15分位かかった。

結局、検査後大変な事に。
舌下線の時も一晩腫れはあったので、まぁ翌日には収まるだろうと思っていた。
ところが、夕食時、一口噛む度に、ボコ、ボコ、ボコと膨らんでいく。
膨らむだけじゃなくて堅い
顔のラインにそって、ほっぺたの下の方から耳へ掛けてどんどん膨らんでいって、一緒に食事をしていた友人が「ほっぺたと耳が繋がってるよ。おたふく風邪みたいだね。」
まるで堅い石ころを2-3個ほっぺに詰め込んでるような感触になった。
せっかくの食事も途中で諦めなくてはいけなかった。

翌朝、少し落ち着いたなと思い、トーストで朝食を始めると、またも噛む度にボコ、ボコっと。
慌てて、病院へすっ飛び
GWに入るから、早めになんとかしないと心配だから。
当然、教授になんて見て貰えず、再診担当の若い女医さん。
再度、ブジーを入れたりもされたけど、唾液腺は通ってるとおっしゃる。
マッサージしたり、酸っぱい物を食べたりして唾液を出してくださいとおっしゃって、抗生物質を3日分下さっただけで終わった。

検査2日後。
朝のトーストでは、ふくらみと痛みが少し引いたので、やはり時間薬かな?と思ったけど、お昼に宮崎地鶏を食べたら、またも腫れてきた。
食べると普通唾液が出てくるはずなのに、出てこれないから痛いし、腫れるんだと思う。
その証拠に食べ始めると口の中が乾いて水分を取らないではいられない。
なんだかな~です。
時間薬なのかな?
徐々に徐々に、マシになっていくのかな?

検査の段階でもっとスムースにいってたらこんな事にはなってなかったような気がするんだけど、違うのかな?
元々の症状のせいだろうか?
次に教授にお会いできるのは6月だから、もやもやは続く。。。

いい加減な夕食

2007/04/24 09:44

img20070424.jpg

昨夜の私の、一人いい加減夕食なり

納豆キムチチヂミ、サラダと言ってもプリーツレタスとミニトマトのみ、あ~んど、ビール
お皿が茶色なのに、チヂミが納豆色してるから。。。
一枚のチヂミなのに納豆は1パック。
白菜キムチもたっぷり。
うっめー!と、一人納得のいい加減夕食でした。
夫が居ないとだいたいが、こんなもんさ。

next next

Calendar

03 < 2007/04 > 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Profile

杏

Author:杏
「HUG Hearts」
ご訪問ありがとうございます。
夫、愛犬☆HUGの2人+1匹家族。
色んな事にミーハー精神旺盛な専業主婦です。
ハグをきっかけに再びハンドメイド熱が復活!
大好きな布に触れる日々です。


HUG

script*KT*


GALLERY



Favorite Books

Recently read books


Categories


Blog Link


Comments

データ取得中...


Site Link



Mail

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら



Search



Categories+Archives

 



Counter